【初心者】ポップダンスの動き20種!【基礎練習】

ダンス

ポップダンスってどんな動きがあるの?

ポップダンスを練習したいけど何から手をつけていいかわからない


そんな人のために、ポップダンスの基礎的な動きを20種まとめました。


ちょっと多いですが、この動きを練習すれば確実にポップダンスがうまくなります!

ポップダンスの基礎の動き20種

Fresno(フレズノ)

【POPPIN'】 ダブルフレズノ RISING Dance School DOUBLE FRESNO MADOKA
【POPPIN'】 シングルフレズノ RISING Dance School SINGLE FRESNO MADOKA

こちらは「Fresno(フレズノ)」という動きです。


この動きはポップダンスで一番有名で、スクールでは一番最初に習う動きなので知っている人も多いと思います。


この足の移動が特に重要で、この動きがポップダンスのベースとなります。

Dime Stop(ダイムストップ)

【POPPIN'】ダイムストップ RISING Dance School MADOKA DIME STOP ポッピン

Dime Stop(ダイムストップ)」は、身体を止める「Stop(ストップ)」という技術を使ってポージングする動きです。


弾くイメージのポップとは異なり、このダイムストップは身体を締めるイメージで動きを止めます。

ROLL (ロール)

【POPPIN'】腰のロール RISING Dance School KITE WAIST ROLL
【POPPIN'】膝のロール(シングル) RISING Dance School KITE KNEE ROLL SINGLE

ROLL (ロール)」は首や肩、腰、膝などを円を描くように回す動きです。


ブガルースタイルでよく使う動きで、踊りを線で捉えるときに使えます。

Tidal Wave(タイダルウェーブ)

Lobo Waving Tips -Snaking and Tidal Wave

動画の0:45~あたりからの動き

次は「Tidal Wave(タイダルウェーブ)」です。


この次に紹介するWave(ウェーブ)とは違い、身体を大きく使って津波を表現する動きです。

Wave(ウェーブ)

黄帝心仙人 アニメーションダンス講座 ハンドウェーブ① /Kouteisennin Animation Lesson Hand Wave①
黄帝心仙人 アニメーションダンス講座【3分間DANCEMASTER ウェーブ1】

Wave(ウェーブ)」は先ほどのTidal Wave(タイダルウェーブ)とは異なり、身体に波が通ったように見せる動きです。
Animationスタイルには必須の技術ですね。


早く波を通して電流が走ったように見せたり、遅く通して大きな波が通ったように見せることもできます。


ここでは代表的なハンドウェーブとボディウェーブの動画を紹介しています。

Snaking(スネーキング)

黄帝心仙人 アニメーションダンス講座 スネーク①/Kouteisennin Animation Lesson Snake
【ANIMATION】アニメーション:コブラ RISING Dance School 黄帝心仙人 cobra

Snaking(スネーキング)」は文字通り身体や腕を蛇のようにくねらせて見せる動き・スタイルです。


スネーキングの動きの1つとして、胸をまわす動きの「コブラ」が有名なので、こちらも動画で紹介します。



先ほどのウェーブと似ていますが、こちらは身体に波を通すわけではなく、身体をくねらせて形として見せる動きです。

Egyptian Twist(エジプシャンツイスト)

MR WIGGLES "Egyptian Twist" style POPPING

Egyptian Twist(エジプシャンツイスト)」は両足を揃えて、かかととつま先を交互に動かす動きです。


個人的に、これをかっこよく踊りの中に入れられる人はかなり渋いと思います。

Romeo Twist(ロミオツイスト)

Romeo Twist – Tutorial Popping Español

つぎは「Romeo Twist(ロミオツイスト)」です。



HIPHOPで言うクラブステップと似ていて、見たことある人もいるかもしれません。



片方の足を踵軸、もう一方の足をつま先軸で動かして移動する動きで、踊りの中で移動したり、ロボットダンスなどでよく使われる動きです。

King Tut(キングタット)

Mr Wiggles | King Tut- 2004 " Los Angeles Bua Studios"

King Tut(キングタット)」は、手首を直角にして、腕の線が水平・直角に見せるような動きです。


最近ではいろんなアレンジを加えてタットダンスという1つのスタイルとして踊る人も増えてきました。

Neck-O-Flex(ネックオーフレックス)

【POPPIN'】ネック・オー・フレックス RISING Dance School NECK-O-FLEX

Neck-O-Flex(ネックオーフレックス)」は首とフレックス(折りたたむ)を一緒にした動きです。


首から上の部分と身体が別々になっているような感じです。


フレックス系の技はどれも動かすところ以外の部分を止めることが重要で、ネックオーフレックスは首を動かさないことを意識すると良いと思います。


Twist-O-Flex(ツイストオーフレックス)

【POPPIN'】ツイスト・オー・フレックス RISING Dance School MADOKA TWIST

フレックス系の2個目「Twist-O-Flex(ツイストオーフレックス)」です。


ツイストオーフレックスは名前の通り、身体がツイストをする動きとフレックスが一緒になった動きです。


頭と身体と下半身が別々に動くようなイメージで、慣れるまでは順番を覚えることが大変ですが、何回も練習して覚えましょう。


Master Flex(マスターフレックス)

【ポップダンス】マスターフレックス解説! 初心者の為の無料レッスン CF企画#8

フレックス系の3個目は「Master Flex(マスターフレックス)」です。



マスターフレックスも頭、上半身、脚の3つに分けて動かします。



この動きは方向転換するのですが、個人的にはこの方向転換する動きが好きです。


Bottom First(ボトムファースト)

POP DANCE ELECTRIC BOOGALOOS LESSON 「SKEETER RABBITT」【BOTTOM FIRST】

フレックス系最後は「Bottom First(ボトムファースト)」です。
下半身(ボトムス)が最初(ファースト)に動くのでボトムファーストです。



下半身を90度や180度先に回転させたあと、ねじれた上半身を戻します。


Walk Out(ウォークアウト)

【POPPIN'】 ウォークアウト RISING Dance School ライジングダンス WALKOUT MADOKA

次は「Walk Out(ウォークアウト)」です。



このステップはフレズノの次ぐらいに有名な動きだと思います。



ウォーク(歩くために足を出す)してアウト(足を開く)するからウォークアウトらしいです。



単純なステップですが、単純なステップ程熟練度がはっきりと出るので、しっかり練習したい動きですね。

Sac Walk(サックウォーク)

【POPPIN'】 サックウォーク RISING Dance School ライジングダンス SACK-WALK MADOKA

Sac Walk(サックウォーク)」は、移動せずにその場で歩いているような動きです。



他のステップと組み合わせて途中で入れてもいいですし、上半身が自由なのでいろんな手の形で踊れそうですね。


Ticking(ティッキング)

【POPPING39】ティッキングスタイルのレッスン!憧れのティッキングの練習方法を解説!!

Ticking(ティッキング)」は16ビートでポップを打つ動きです。



よくストロボと混ざる人がいますが、ティッキングは16ビートでポップを打つことで、ストロボは動きをストップを使って細かく分けることです。



ただ、大事なのは名前ではなく、その動きができることなので、どちらもできるように練習しましょう。

Creeping(クリーピング)

[BASE IS] VOL.2 POPPING: 08. CREEP WALK | POPPING DANCE LESSON

Creeping(クリーピング)」はよくバトルなどで出るときに見かける動きです。


腰と一緒に足を出すようにする動きで、これで踊るというよりは、移動のためにこの動きを使用することが多いです。


Puppet(パペット)

The Puppet & The Puppet Master | @jajavankova & @bdash_2 | WOD Boston

Puppet(パペット)」は操り人形のような動き・スタイルです。


肘や肩に糸が吊るされているように動くのが特徴で、吊るされている部分以外は脱力させるようにします。


動きとしてだけでなくポップの1つのスタイルとして確立されつつあるので、奥が深い動きです。

Scare Crow(スケアクロウ)

ScareCrow | Popping Basics

Scare Crow(スケアクロウ)」も名前の通り案山子(カカシ)のような動き・スタイルです。



カカシのように腕をひろげたり、大きく回したりして踊るのが特徴です。



こちらも動きとしてだけでなくポップの1つのスタイルとしても認識されています。

Old Man(オールドマン)

Poppin Pete OLDMAN tutorial

最後は「Old Man(オールドマン)」です。


脚を蹴って外に出した後、胸と腰がちょうど対角線上にあるイメージで、胸と腰を交互に回して横に移動するような動きです。


ショーケースなどで移動するためにこの動きをよく見ますね。

まとめ

基礎の動きを20個紹介しましたが、すべて完璧にできるようになる必要はありません


もちろんすべてできるようになって、それぞれを組み合わせて踊れたらそれはもう素晴らしいダンスとなるでしょう。


大事なのは、このような動きがあることを認識し、ある程度できるようになった上で、自分の好きな動きを追求することです。


既にいくつか紹介したように、基礎の動きの1つがスタイルとして形成されているものもあります。
1つの動きを追求して自分だけのスタイルを確立してみるのもいいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました