【資産ノート】7月のパフォーマンスとポートフォリオ

投資


7月のパフォーマンスとPFの状況についてです。


前回6月末とくらべて、国内株が大幅に下がってしまいました
原因は銘柄の決算が悪かったこと、コロナの先行きがまだ見えないことによる影響です。


米国株については好調で、パフォーマンスがあがっています。
ただ、こちらは長期でもつ高配当株となり、キャピタルゲインは狙っていませんので、基本放置です。


国内株については手放すつもりではありますが、もう少し落ち着いたらにします。
まだまだ先は長そうです。

総資産

7月時点のPF

2020.7.4

現在のPF

2020.8.2

ほぼ変化なしです。


しばらくはこの比率で運用していくつもりです。

投資資産


続いて投資資産のポートフォリオです。

7月初め時点のPF

現在のPF

こちらもほぼ変化なし。


国内株はタイミングをみて売却予定。

パフォーマンス

今回からパフォーマンスの推移も記録していきます。

総資産

相変わらずパフォーマンスが-3%。


焦らずゆっくりと改善していけばいいなと思っています。

投資資産

こちらもパフォーマンスが-4%


コロナがおちつくまで待ちます。。。

国内株式

コロナの第二派懸念と決算の結果から現在ー31%。


なかなか受け入れるのが辛いです。

米国株式

こちらはパフォーマンスが大きく改善。プラス3%


ですが、前回もお伝えした通り、米国株についてはキャピタルゲインを狙っていないので放置です。

投資信託

投資信託も3月~5月ごろまでコロナの影響を受けて一時的にマイナスパフォーマンスでしたが、7月あたりからプラスに転じました。


こちらも毎月定額積み立てて運用しているものなので、あまり気にしていないですが、資産推移は今回から記録していきます。

まとめ

昨今の事情により特に国内株式のパフォーマンスが悪いです。


既にお伝えしている通り、日本株を縮小する予定ですが、まだタイミングが悪いので、じっくり待ちます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました