ゼロから始める!ダンスに必要なアイソレーション!練習方法も【初心者】

ダンス

アイソレーションがうまくできないんだけど、どうやって練習すればいいの?

今回はアイソレーションについて、どんな種類のアイソレーションがあるか、アイソレーションのオススメの練習方法を紹介します。

代表的なアイソレーション4選!

アイソレーションの部位はいろいろな部分がありますが、ここでは代表的な4つの部位のアイソレーションについて紹介します。

首を前後に動かしたり、左右に動かしたりします。



踊りの中で首をまわしたり、首でリズムをとるときによく使います。

肩を上下と前後に動かします。


肩のアイソレーションができると、踊りの中で肩をまわしたり、身体をスイングする動きがオシャレに踊れます。

胸のアイソレーションは胸を前後左右に動かします。


4つの方向で止めてもいいですし、そのまま1週回したりすると、ポップダンスの「コブラ」という動きになります。


また、リズム取りでも重要で、リズム取りのときに胸を上げ下げすることで、リズムキープができます。

腰のアイソレーションは腰を前後左右に動かします。


クラブなどで腰を振って踊っている人をよく見かけるので、今までダンスをやったことない人もイメージつきやすい部分だと思います。

そもそもアイソレーションとは?

アイソレーションとは「孤立」や「分離」という意味の英語の「Isolation」からきています。


英語の意味から分かるように、身体の一部分だけ動かすというよりも、他の部分を止めるということが大事です。


このアイソレーションがなぜ重要かというと、アイソレーションができるとダンスに角度やアクセントをつけられるからです。


逆にアイソレーションができないと、踊りが固くなったり、リズムが取れなかったりとあまりうまく見えなくなります。


ダンススクールのレッスンでは、必ずと言っていいほどアイソレーションを練習する時間があるので、それぐらいアイソレーションはダンスで重要なのです。

アイソレーションの練習方法

首のアイソレーション

【ダンスの基礎!】初心者向けレッスン「首のアイソレーション」

首のアイソレーションは大きく分けて2種類です。

  • 前後のアイソレーション
  • 左右のアイソレーション
前後のアイソレーション

これは首を前に出したり後ろに引いたりする動作です。


いままでダンスをやったことが無い人でも、これは感覚てきにできるのではないでしょうか。


ただし、首のアイソレーションはうなずく動作のように頭を上下に振るのではなく、あくまで顔は正面を向いたまま頭を前後に動かすということなので、顔がぶれないように気を付けて練習してください。

左右のアイソレーション

首の左右のアイソレーションは初心者がまず苦戦するところだと思います。
そこで、オススメの練習方法を紹介します。

1. 手を頭の上で合わせます。
2. 耳を腕につけるように首を動かします。


どうでしょう?首が左右に動きましたか?


手を頭の上からはずすとできなくなりますが、この感覚を身にしみこませて何度もやると、だんだん手がなくても首が左右に動くようになります。



肩のアイソレーション

【肩のアイソレーション】【avex講師】ダンスが劇的に変わる!?かっこよく見せるコツ

肩のアイソレーションは上下と前後があります。

  • 上下のアイソレーション
  • 前後のアイソレーション
上下のアイソレーション

肩の上下のアイソレーションは感覚的にわかりやすいのではないでしょうか。


肩をすくめる感じで上げると上方向に動かせて、普通の状態から腕と肩をだらーんとすると少しだけ下方向に動かせます。


感覚が分かったら、両肩をすくめる感じで上げていたのを、今度は左右別々に上げてみます。


最初は肩を上げようとすると首が傾きますが、慣れてくると肩だけをあげられるようになります。

前後のアイソレーション

肩の前後のアイソレーションですが、これもやってみると何となくできると思います。


ただ、最初は後ろに引くときは胸が出て、前に出すときは胸が引いてしまうというように、胸も一緒に動いてしまうと思います。


これもできるだけ胸が動かないように止めて、肩だけ動かすように練習してみてください。


動く範囲は最初は小さいですが、練習すれば少しずつおおきく動かせるようになります。



胸のアイソレーション

【胸のアイソレーション】【ダンス基礎】上達のコツを動画で紹介します!肩とみぞおちがポイント

胸のアイソレーションは難しいので3つに分けて説明します。

  • 前のアイソレーション
  • 後ろのアイソレーション
  • 左右のアイソレーション
前のアイソレーション

胸のアイソレーションで前方向に出したいとき、気を付けてほしいのはそのまま前方向に出そうとしないことです。


前方向にそのまま出そうとすると、背中が曲がり、アイソレーションではなく単に胸を前に出しているという動作になってしまうからです。



先ほども説明した通り、アイソレーションは他の部分を止めなければいけないので、胸以外の部分が止まってなければいけません。



どのようにするかというと、お腹をひっこめて、胸を上にあげるイメージです。
そうすることで、ほんの少しだけですが胸だけ動きます。



最初は少ししか動かないですが、練習すればだんだん大きく動くようになります。

後ろのアイソレーション

後ろのアイソレーションでも気を付けてほしいことがあり、胸を引いたときに腰が曲がらないことです。


よくアイソレーションの練習で膝を曲げて胸を引いていることがありますが、それだと胸だけでなく腰も使ったアイソレーションになっており、ただの猫背になっています。


とは言え、最初の感覚を掴むうえでは膝を曲げて胸を引いた方が ”胸を引いてる感” が感じられるので、練習したてはこちらでもよいですが、慣れてきたら膝を曲げずに直立で胸を後ろに引く練習をしましょう。

左右のアイソレーション

胸の左右のアイソレーションは肩が水平になること、腰が動かないことを意識しましょう。


動かすこと自体は難しくないですが、肩が落ちてしまったり、腰が動きがちなので、そこをしっかり止めるように練習しましょう。



腰のアイソレーション

アイズワンやモモランドのダンスを上手に踊りたい人へ【腰のアイソレーション】

腰のアイソレーションはも左右と前後にわけて説明します。

  • 左右のアイソレーション
  • 前後のアイソレーション
左右のアイソレーション

腰の左右のアイソレーションは、まさに女性が腰をフリフリしてダンスする動きです。


このアイソレーションだけでダンスの振りの中で使えそうな動きです。


やり方としては、腰を横に動かすのではなく、腰を上に動かすイメージです。


他のアイソレーションと同じように上半身が動かないように止めて、できるだけ大きく動かせるようにしましょう。

前後のアイソレーション

腰の前後のアイソレーションも、腰から上の上半身が動かないように、腰だけ前後させます。


前に出すときはお尻を締める感覚、後ろに出すときは背中を反らす感覚です。



腰のアイソレーションができるようになるとダンスにグルーヴが出て、よりかっこよく踊れるようになります。



まとめ

アイソレーションの練習は地味ですし、正直つまらないですが、根気よく練習することで必ずできるようになります。


アイソレーションができるできないは、ダンスができるできないに直結するぐらい重要で、アイソレーションができるようになれば、アイソレーションだけで踊れるようになります。



家でも練習できるものなので、ぜひチャレンジしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました