仕事とダンスの両立はできる?【やる気、モチベーション維持】

ダンス

仕事や家事が忙しすぎてダンスをする時間がない…


今回は普段の私生活とダンスについて、自分の実際の生活と考え方についてです。



僕は社会人になったと同時ぐらいにダンスを始めて5年たちますが、始めて以来ダンスを踊らなかった週はありません。
※踊らない日はあります。

仕事とダンスは両立できる?

できます。


理由を考えてみましょう。

趣味にあてる時間

週休2日で定時で帰ると仮定した場合、睡眠時間を確保すると平日は 18:00~23:00 の 5 時間、休日は活動時間のまるまる 17 時間は自由に使えますよね。


もちろんその中で家事や他のやりたいことも考えると、実際に使えるのは平日はせいぜい 1,2 時間、休日は 10 時間ぐらいでしょうか。


それでも1週間に約30時間は確保できるので、時間がないというわけではないと思います。

ブラック企業の場合は?

働き方改革ブームとはいえ、まだまだ労働環境が十分に改善されず、ワークライフバランスが取れないなどの片も多いと思います。


朝早くに出勤して終電に帰宅、休日も出勤するという方もいるかもしれません。


その場合は時間の確保が難しいですが、そもそもそういう会社で働いていることに疑問を持ちましょう。


ワークライフバランスがとれない会社はさっさと辞めて、人間としての生活を取り戻した方が幸せです。

やる気、モチベーションについて

次にできない理由として考えられるのはやる気やモチベーションです。


仕事が終わって、疲れて夕飯やら家事やらやらなければいけないのに趣味にエネルギーを割けない。


こんな人が大半だと思います。

ダンスを習慣化する

そこでオススメなのはダンスを習慣化することです。


1人で毎日練習することを習慣化するのはなかなか大変だと思うので、ダンススクールなどに通って毎週踊るという場を作ることがオススメです。

そもそもやる気、モチベーションは必要?

「ダンススクールに行く気が起きない」「個人的に練習する気が起きない」というような人は、ダンスを始めようと思ったきっかけを再確認しましょう。

・クラブでかっこよく踊りたい
・友達と一緒に踊って楽しみたい
・ダンスで海外の人と仲良くなりたい
・有名バックダンサーになりたい


様々な理由があると思います。



その想いを考えてもやる気が出ない場合、本当にやりたいことではなかったのかもしれません。



個人的な考えでは、モチベーションというのは頑張ってひねり出すものではなく、沸いてでてくるものだと考えています。



所詮趣味なので、他の趣味に変えてもいいと思います。
趣味は作るものではないので、本気でやりたいと思うことをやりましょう。



ダンスを仕事にしたいと思っていた場合は実はそこまでやりたい仕事ではない、あるいは向いていない仕事だと思って割り切るのも一つの手だと思います。

モチベーションの上げ方

とはいえ、自分の意志に打ち勝ってダンスをしたい!という人にオススメの方法があります。


それは、「やる気がでる前にやる」です。


というのも、やる気やモチベーションをコントロールするホルモンは、行動する前に出るものではなく、行動してから出るものだからです。


うだうだ言ってないで、とりあえず行動すればやる気は後からついてくるということですね。

継続について

やるにしても「継続」しなければ意味がありません。


やる気を出して1日5時間やるよりも、毎日1時間を5日続けたほうがいいです。


継続することのコツは「無理をしないこと」です。


僕はダンスの動画をみたり、レッスンを受けたりする「インプット」とは別に毎週「アウトプット」の場を設けています。


週末にほんの1,2時間練習する程度です。


先ほど休日は10時間は確保できると言いましたが、ダンスでお金をもらっている人でも1日10時間をフルで練習しているひとはいないと思います。


数日であれば5時間とかでも練習できるかもしれませんが、それを毎週毎週何年も実行するとなると、正直しんどいです。



無理しない程度に1,2時間として設定することで、その分集中できて、なにより継続して続けられます。


自分の自主練については過去に記事を書いています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました