8月のパフォーマンスとポートフォリオ【資産ノート】

投資


8月のパフォーマンスとPFの状況についてです。


8月はコロナの第二波が収束気味になってきたこと、アメリカの雇用統計が良くなってきたことなどから、先月と比べてだいぶパフォーマンスが改善されています。

総資産

預金(キャッシュ)と投資資金比率

PFについては変化なしです。


今後は変化があった場合に報告しようと思います。

投資資産


続いて投資資産のポートフォリオです。

現在のPF

こちらもほぼ変化なし。


あいかわらずまだ国内株は手放せていません。

パフォーマンス

総資産

パフォーマンスが大きく改善し、+2.5%となりました。


投資資産

こちらもパフォーマンスが+3%

国内株式

現在‐11%。


前回より大きく改善したものの、まだマイナスです。


もうちょっと上昇することを祈ります。

米国株式

こちらはパフォーマンスが大きく改善。プラス8%


投資信託

コロナショック後は右肩上がりで、現在は+10%です。

まとめ

アメリカの雇用統計が良好だったことやハイテク株が好調なこと、コロナが少し落ち着いてきたことからだいぶパフォーマンスが改善しました。


ただ、日本株については感染者数増加や、首相が辞任することなどネガティブニュースもあるので、これからまた下がる可能性もあるかもしれません。


タイミングをみて売却をしたいですが、いつになることやら…

コメント

タイトルとURLをコピーしました